ファッションをおしゃれに見せるコツ⑤~立体的に見せてこそ重ね着の本質~

秋や冬など寒くなってくると重ね着の季節到来!
この時期はおしゃれ好きにはたまらない季節ですよね。

重ね着おしゃれを楽しむためにも、立体的に見せることを意識してみてください。

立体的とは、ごわごわのダウンを着たり、フードをかぶったりするのではありません。
トータルコーディネートにより、奥行きを演出するのです。

ポイントは上半身です。
ボトムスや靴は立体的なデザインであったり、しわなどによる動きが演出されていることが多いです。

だからこそ、上半身を立体的に見せる意識を持つことでおしゃれ度は上がるのです。

鍵になるのはインナーです。
ここでいうインナーは一番中に着て人に見える部分にある服のことです。

多くがTシャツになるのではないでしょうか。
Tシャツの上にシャツ、さらに上にアウターと組み合わせることとします。

ここで、「中だから気にしなくていい」はNGです。
少ししか見えない部分に気を遣うことで立体的に見せることができるのです。

つまり、アイポイントをTシャツにするということです。
これはかなりのテクニックが必要ですが、Tシャツに目を向かせることは難しいことではありません。

例えば、赤のTシャツにホワイトのシャツ、ブラックのアウターを組み合わせる際、あえてシャツのボタンを留め、少
しだけ赤のTシャツを見せるようにするのです。
さらに大きめのネックレスを胸元にプラスするだけで自然と目線は胸元に飛びます。

赤という飛び込みやすい色とネックレスにより、アイポイントは胸元へ。
シャツのボタンを締めることで、赤が奥にあるように見え、立体感を演出するのです。

これはあくまで1つの例で、ボタンを留めなくても、アウターの色彩を変えるだけで立体的に見せることができます。

今ではアウターも立体的なものが増えてきているため、さらにおしゃれの感覚をアップさせるためにも、上半身の立体
感にこだわってみてください。

ファッションをおしゃれに見せるコツ④~組み合わせのバリエーション~

限られた枚数でおしゃれな印象を与えたい場合は、組み合わせのバリエーションを考えるとおしゃれ感が広がります。

例えば、Tシャツが2枚、その上に羽織るシャツが2枚あったとします。
ここで、組み合わせは全部で何通りになるでしょうか?
ちょっと考えてみてください。

正解は、「結構多い」です!笑

「ふざけた答え言いやがって」と思った人すいません。
ホームボタンを押したり、×ボタンでこのサイトを閉じようとするのもちょっと待ってください!笑

まず、4通り、8通りと考える方が多いのではないでしょうか。
Tシャツ2種類×シャツ2種類で4通り。これは間違っていません。

Tシャツとシャツの組み合わせで4通り、それぞれを単品で着るとさらに4通りで8通り。
これも間違っていません。

しかし、服を選ぼうとすると服だけに意識が集中してしまうので、上記の4or8通りのコーディネートしかないと考えてしまうのです。

今は上半身の話ですが、ファッションはトータルで決まります。
つまり、ボトムスやハットを組み合わせることを考えると、それだけでかなりのバリエーションに繋がります。

さらに、Tシャツは普通に着て、シャツを腰に巻く(アクセサリーの役割)という方法だってあります。
加えて、靴の種類を変えてみたり、アウターを変えてみたりと1つ変えるだけで印象がかなり違うものになります。

鏡の前でどの服着ようと考えているときに、1点変えるだけで見栄えが良くなった経験はありませんか?

トータルバランスで考えたとき、1つ違うものがあるとそれだけでバランスに変化が起きるのです。
これを日ごろから繰り返し行うと、センスが磨かれることはもちろん、新しい発見もあるのです。

今、お手持ちの服を、決まった着方だけをして楽しんでいませんか?

服は組み合わせることで無限の色彩を放ちます。
あなたの好みで、あなたを自由に彩ることができるのです。

通常ありえない組み合わせや、ださそうな組み合わせも部屋の中であればへっちゃらです。
新しい発見のために、センスを磨くために、ぜひお部屋でいろいろなバリエーションを考えて自分だけのファッションショーをしてみてください。

そこで新しいあなたの感性に出会うかもしれませんよ。

ファッションをおしゃれに見せるコツ③~あえてのアイポイント作り~

ファッションをおしゃれに見せるためには全体のバランスを意識する方が多いのではないでしょうか。

着ようとしている服を置いてトータルで合わせてみたり、着てみて縦鏡などで全体をチェック。
なんてドラマの中でもよく見る光景ですね。

しかし、トータルバランスはあくまでトータルバランスです。

さらにおしゃれに見せるためには、1点のアイポイント作りが必要になります。

分かりやすい例がネックレスです。
胸元に輝くネックレスは、そこに視線を集めるためのアイテムの王道です。

もちろん、大人しめのネックレスをつけることでトータルバランスを保つこともできますが、多くはアイポイント作りの効果を持っています。

そこで、ネックレスなどのアクセサリー以外でアイポイントを作ることに挑戦してみるのです。

靴、ボトムス、トップス、アウター。
これらの組み合わせにより、相手の視線をどこに向けたいかを意識してコーディネートをするのです。

始めはちょっと難しいかもしれません。
しかし、慣れてくると上手にできるようになります。

意図的にアイポイントを作る。
トータルバランスのままでもいいけど、あえてのアイポイントを意識することで相手の視線を注目させ、「その〇〇、いいね」と思わせたら大成功です。

カラーの組み合わせ、フォルム、差し色の使い方、フォーマルを崩す組み合わせとオシャレ力はかなり必要になりますが、チャレンジし続けることで必ず感覚とセンスは上がっていきます。

一歩先行くおしゃれを追及したい方はぜひ、試してみてください。

ファッションをおしゃれに見せるコツ①~カラーにこだわりを持つ~

おしゃれをより楽しむために、カラーにこだわりを持ってみてはいかかでしょうか。

合わせやすいカラーと言えば、ホワイト・ブラック・ブラウン。
この3色が鉄板と言えるでしょう。

しかし、他にもたくさんのカラーの服が、世の中には溢れかえっています。
色々な組み合わせを試すことで、新たな発見をし、その経験があなたのセンスを向上させてくれます。

同系色で責めたり、補色を用いたりとカラーバリエーションは無限に広がっています。
その中で自分のこだわりのカラーをワンポイントとして使ったり、他のアイテムを引き立たせるために使ったりできるようになるとおしゃれの幅がグッ
と広がります。

上記の合わせやすい3色を使わないコーディネートや、明るい色だけで派手すぎないコーディネートなど、色の縛りをつけてコーディネートしても楽しめ
るのではないでしょうか。

おしゃれとは、準備されているものではありません。
そして、誰かに教えてもらうものでもなく、自分で見つけるもの。

試行錯誤を繰り返して発見した自分だけのコーディネートはあなたをより一層きれいに、美しく演出してくれることでしょう。

柄を意識したり、無地で考えたりと幅広い選択肢を持つことが、絶対おしゃれで決めたいときに、最高のコーディネートに導いてくれますよ。

ファッションをおしゃれに見せるコツ①~カラーにこだわりを持つ~

おしゃれをより楽しむために、カラーにこだわりを持ってみてはいかかでしょうか。

合わせやすいカラーと言えば、ホワイト・ブラック・ブラウン。
この3色が鉄板と言えるでしょう。

しかし、他にもたくさんのカラーの服が、世の中には溢れかえっています。
色々な組み合わせを試すことで、新たな発見をし、その経験があなたのセンスを向上させてくれます。

同系色で責めたり、補色を用いたりとカラーバリエーションは無限に広がっています。
その中で自分のこだわりのカラーをワンポイントとして使ったり、他のアイテムを引き立たせるために使ったりできるようになるとおしゃれの幅がグッ
と広がります。

上記の合わせやすい3色を使わないコーディネートや、明るい色だけで派手すぎないコーディネートなど、色の縛りをつけてコーディネートしても楽しめ
るのではないでしょうか。

おしゃれとは、準備されているものではありません。
そして、誰かに教えてもらうものでもなく、自分で見つけるもの。

試行錯誤を繰り返して発見した自分だけのコーディネートはあなたをより一層きれいに、美しく演出してくれることでしょう。

柄を意識したり、無地で考えたりと幅広い選択肢を持つことが、絶対おしゃれで決めたいときに、最高のコーディネートに導いてくれますよ。